« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月27日 (火)

百里基地航空祭2010-3

そして、午後はお待ちかねブルーインパルス!

Img07521

この日はブルーの6番機がエンジン不具合で、予備機が代わりに飛びました。

Img08171
しかし!
天気は良好なのに、視界不良のため(光化学スモッグ?)アクロバット飛行は簡略化、、
早々と終了してしまいました。

Img07891

仕方がないとはいえ、ちょっと残念。

Img08091

でもその短時間の間に見せてくれた曲技はやっぱり素晴らしくて!

何度見ても惚れ惚れしちゃう。

Img0782

今度は青空をバックに撮りたいです。

Img08181

ブルーインパルスが所属する松島基地(宮城県)から百里基地(茨城県)まで飛んでくるのに、ブルーインパルスだとものの20分程度で着いてしまうようです。

すっごいですね~。


+++++++

帰りは駐車場を脱出するのに1時間かかりました。


うん、いろいろ事情があるんだろうけど、

来年は真夏の開催は避けて欲しいなぁーなんて思っちゃいましたあせあせ

とにかく暑くて真夏に1日中外にいるのは過酷中の過酷!



と言いつつ、前日は高校野球を見にやっぱり炎天下にいたんだけども。

で、来週はロッキンで真夏の野外2日間なんだけども。


他の航空祭も行ってみたいなー。

そういえば職場で航空ショーの話をしたら、海上自衛隊のイベントも勧められました。

話を聴いたらちょっと気になってしまった!

Img08191

2010年7月26日 (月)

百里基地航空祭2010-2

午前中は、F-15,F-4,RF-4による航過飛行や機動飛行戦術偵察などのプログラムが組まれ、去年よりも見応えバッチリな内容でした!

Img07171


この時私は前方エリアで見ていたんだけど、

F-4 Phantomのジェット排気による熱風をモロに受けて思わず「うわぁああ!」と声が出てしまったw

Img07181

その熱風により飛んできた砂利と、このカンカン照りによるダクダクの汗でそれはそれはえらくキタナイ格好に泣き顔

まぁ、もうこの際どうでもいいんですけど。

Img06601

10機で編隊組んで飛んでくる様はもう圧巻です!!

って、この写真は9機しか入ってませんね(^^!あれ?

Img07451


時速800kmです!

Img06861

Img08151


ばりばりばりばりーーー!

Img07371


この轟音がもー、たまらんのです。

Img07431

2010年7月25日 (日)

百里基地航空祭2010

今年も行ってきました、百里基地航空祭。

Img06341

去年、初めて見たブルーインパルスに魅了され、今年もぜったい見に行く!と前々から決めていました。


今年は茨城空港ができたことで道路も新しくなり、高速道路も「茨城空港北IC」ができ、大渋滞が予想されると何度もラジオで言っているのを聞いていました。

航空ショー開始は・・・9時ですが、、、。

去年は7時くらいに家を出ていたのを、今年はなんと5時半出!

百里に行くのに5時半です。水戸からなら通常40分もあれば行けるというのにーー。

途中、5:45頃ハウスさんから基地駐車場の渋滞情報メールをもらう。

まだ6時前だというのに南エリア駐車場は既に3キロの渋滞で動かないとのこと!!

ええーー!

ありがたいことにその後も何度かハウスさんから情報をもらった私は、6時半、特に渋滞も無く北エリア駐車場にすんなり停めることができました・・


基地開場は7:20ごろ。

私が基地内に入っても、ハウスさんはまだ駐車場渋滞に嵌っていたよう・・・スミマセン~~あせあせ(飛び散る汗)

飛行展示が始まる9時までは、基地内展示の航空機を見て回りました。

Img06481 Img0651_2 


+++++++

そんな中。

去年、御百里基地航空祭がきっかけでブログを通してお知り合いになった、「招き猫ぷ~のひとりごと」のぷ~さんことhittyさんと店長さんから、

今年は早く家を出て航空祭に行きます!とのことで連絡があり、現地で会う約束をしたのです!パチパチパチ~shine

いつも嬉しいコメントをくれるhittyさんと店長さん。

お会いするのは初めてで、ドキドキでしたが。。

と~~っても気さくで明るくて笑顔がステキなお二人でした!

ぷ~ちゃん(ネコ)の話をしたり、カメラの話をしたり、お二人が住んでいる街の話を聞いたり、、とても初めてお会いしたとは思えない程の盛り上がりw

短時間なのにあれこれ話しがはずんでしまいました。

しかもお土産までいただいてしまって!私は手ぶらだったという・・・

こういうところがステキな女性っていうんですよね~~。そういう気遣いが足りないのよ、わたしー。

(マスカラすごかったです!めちゃめちゃ伸び伸びでしたup

今度改めてお茶をしましょう、ということになりました。

茨城のステキカフェ、リサーチしておきます!ぜひ実現させましょうgood

hittyさんや店長さんも百里航空祭のカッチョイイ写真を撮られています!

ぜひご覧になってください~。

+++++++

Img06401

しかし・・暑い。。

場内アナウンスによると、「気温32度湿度98%」だって。

ほんと、倒れそうでしたよ。。

しかもこの日の来場者数は7万5千人!

人も多いし、地面はコンクリートだしで体感温度は40度だったんじゃないかと。

Img06541_2

2010年7月19日 (月)

雲が生まれる場所

雲の展覧会。

真っ青なキャンバスに白い筆で思い思いに絵を描く。

「天使の羽」

(「魚の骨」にも見えるけど、それじゃぁロマンもへったくれもないので。)

Img06651_2

「白い龍」

Img06221

お約束「ヒコーキ雲」

Img0666

時間を忘れてずっとずっと見てしまう。

やっぱり海が近い茨城と、富士山のある山梨では、空が違う。

Img06541

富士吉田という街は、本当に空が綺麗な場所だった。

ここの空を見ていると心が洗われるような気がした。

空の広さを感じられる、素敵な街 富士吉田。

大きな富士山と青い空を見ていたら、自分なんてすごくちっぽけに思えてくる。

でもここに来られたことで、たくさんパワーをもらった気がするなー。


ありがとう。

また、来るよ。富士山を撮りに。

吉田うどん。

お昼は、お約束「吉田うどん」。

飛び込みで入った民家風隠れ家的なうどん屋「入山」さん。

民家風、っていうか、ほんとに民家。

店舗兼住宅とかじゃなくて、どう見てもふつーに住宅。

Img06691

「こんにちはー」と入ってみると、元気のいいおかあさんが、

「いらっしゃい!」と笑顔で出迎えてくれた。


夏休みにおばあちゃんちに来たかのような、そんなお店。

普通に玄関をあがって、廊下を歩いて、仏壇のある畳の間へ通してもらって。

「これからどこへ行くの?」なんておばちゃんと話をして。

もちろんクーラーなんてなし。

窓から涼しい風が入ってきてBGMはセミの声。

それ以外はなにも聴こえない。しずかで心地良い。

Img06711

いただいたのは冷やし吉田うどん350円。

オットはトロタマ(とろろとたまご)吉田うどん450円。

そして、山椒のおにぎり100円。とお漬物。

すべて手作りで、あたたかみのあるおもてなし。

吉田うどんは初めて食べてみたんだけど、すっごいぶっとくてコシがあって、すするというよりは1本1本食べるというかんじ。

水戸の人なら「いずみや」のうどん。と言えば分かるかな。

あれに似てます。


富士の天然水で作ったうどんは、とても純でまじりっけ無し。

おなかも満たされ、お値段設定もとてもリーズナブル。

素晴らしいね、吉田うどん!!

大変美味しゅうございましたー。

2010年7月18日 (日)

遠く彼方へ

その後、県外ナンバーの観光客で渋滞し出した河口湖を後にして、

せっかくなのでフジファブリック志村の出身地富士吉田の街を訪ねてみることにした。


志村は故郷の富士吉田のことをいつも誇らしげに話してくれていたから、 いつかカメラを持ってゆっくり歩いてみたいと思っていたんだ。

Img06161

地元富士五湖文化センターで凱旋ライブをやったときの最寄の月江寺駅。

私はDVDでしかこのときのライブを見てないけど、「世界に羽ばたけ、フジファブリック」っていう横断幕を掲げてくれていた、と嬉しそうに話してたのを思い出して、寄ってみた。

Img06191

自動改札ではない、改札口。

駅員さんが切符をカチっとしてくれる。

Img06151

月江寺駅前商店街は、朝が早いため、まだ眠っている。

静か。


+++++++


『浮雲』という曲に出てくる、「いつもの丘」は、ここ。


ここからは富士吉田市内を一望できます。

Img06781

上まで行くには、拷問か?!ってな階段を昇るようなんだけど、

昇り終えた時に眼下に広がるこの風景を見たら、そんな辛さなんてコロッと忘れてしまう。


とか言いつつ、、

汗だくでかなりぜぇぜぇはぁはぁでしたが・・

Img06921


忠霊塔。

Img07041 Img06961


聴こえるのは風の音だけ。

夕方5時のチャイムもここにいたら聴こえるんじゃないかな。

Img06891


午後にはすっかり、もくもくもくな雲が出てきて富士山をすっぽり隠してしまった。

見えるのは裾野。

やっぱり富士山を撮るのは難しい。とまたまた痛感。

グライダーなんてよして。夢はサンダーバードで。

フジQ後は河口湖周辺のやっす~いビジネスホテルへ。

素泊まり1人3500円ですw

着いてビール飲んだら、バタンキュー。(バタンキューって死語?)

+++++++

翌朝、5時。

「じりりりりりりり!!!!!!!」

というケタタマシイ目覚まし時計の音で飛び起きた!


なにごとーーーー!!??


心臓出るかと思うくらいのオドロキ・・あーびっくりした。

で、なんでこんな早い時間に?

と思ったら、オットが「富士山見えるかなと思って」。

と言うので、カーテンを開けてみる。

Img0611

でで~~ん!!!
見えたーーーーー!!しかもすっごいクッキリ~~。
(でも電線じゃまーーーーー)

夏富士に感動して、その日は早々と宿を後にし河口湖へ向かってみることに。

Img07111

う~ん、雲が。
やっぱり夏は雲が発生しやすくてクッキリ富士山を撮るのは難しいー。
で。
こんなとき静岡側からはどう見えてるの?
と、思ったら、
って、まーしゃから。
やっぱり山梨も静岡も、夏場の富士さんはお留守なことが多いんだね。

Img06361

でも、夏の青い青い空と白い雲と富士山がキレイにコントラスト。

なんて気持ちがいい組み合わせなんでしょう。

Img0641

どんどん雲が富士山から生まれては、かたちになっていく。

こんなモクモクの雲はあんまり水戸では見られない。よね?

Img06291

2010年7月17日 (土)

自称ヒーロー。

あれ。

P1020748

なんかさ。

どこかで見たよ、この光景。

P1020749

あ、グリーンがこっち見てピースしてる!

P1020746

こんな感じで、やる気のない自称ヒーローたちがベンチに座ってたり、

団扇であおいでたりしてた。

ke-taさん、次回は富士Qでおねがいします。

響け!世界が揺れる!!

*14時。

ステージのあるサウンドコニファー開場。

冬場はスケートリンクになるそうな。

開演までの間は、フジファブリックオリジナル映像が流れて、待ち時間も苦じゃなかった。

「アド街ック天国」に似せて「フジ街ック天国」と題して富士吉田市の紹介とか。

メンバーによる富士Qアトラクション対決とか。

グッズの紹介とか。


*16時。

いよいよ開演。


ざわついた会場に「大地讃頌」の合唱曲が流れる。

これ、志村の中学時代の頃の合唱コンクールのCDなんだそうな。

中学生の志村少年の歌声が入ってるんだって。へぇ~

その後、

「ペダル」のインストでフジフジ富士Qのスタートが切られる。

「志村の遺志を継げ」

というメッセージがモニターに流れた。



今回のライブイベントは、フジファブリックに縁のあるアーティストがたくさん出て、フジの歌を2曲ずつ唄ってくれる形式となった。


Vo.志村が永い永い旅に出てしまったから、、


+++++++

出演者とセットリストは次のとおり↓


*奥田民生「桜の季節」

*安倍コウセイ「虹」「モノノケハカランダ」

*ハナレグミ「ダンス2000」「ルーティーン」

*クボケンジ(From:メレンゲ)「バウムクーヘン」「赤黄色の金木犀」

*斉藤和義「地平線を越えて」「笑ってサヨナラ」

*ハヤシ(From:POLYSICS)「TAIFU」「B.O.I.P.」

*藤井フミヤ「タイムマシン」「若者のすべて」

*氣志團「ダンス2000」「茜色の夕日」

*和田唱(From:TRICERATOPS)「Strawberry Shortcakes」「陽炎」

*真心ブラザーズ「TEENAGER」

*真心ブラザーズwithスカパラホーンズ「線香花火」

*スカパラホーンズ「Surfer King」

*PUFFY「DOKI DOKI」「Bye Bye」

*片寄明人「花」「サボテンレコード」

*吉井和哉「マリアとアマゾネス」「Anthem」

*くるり「Sunny Morning」「銀河」

en.

*フジファブリック「会いに」(新曲)

*奥田民生「茜色の夕日」


+++++++

P10207371

今回のフジフジ富士Qは・・・

昨年12/24に急逝したフジファブリックのVo.志村正彦氏の夢でもあったライブとなるはずでした。

富士吉田市出身の志村正彦少年(当時15歳)は、このサウンドコニファーで奥田民生氏のライブを見て衝撃を受け、ミュージシャンになることを誓ったという。

憧れのステージで、しかも憧れの奥田民生氏を招いて、自分達主催のライブイベントを開催するという15年越しの夢が叶うはずだった。

なのに。

なんで、ここに本人がいないんだろう。

志村、あんたがいなくてどうすんのー!って言いたくなった。

どうにもならないことなんだけど、悔しくて。


フジファブリックのダイちゃん、カトヲさん、総くんの演奏はいつにも増して感情がむき出しになったかのような、最高の音を出してくれていた。

今回出演してくれたアーティストの皆さんの力強い歌声はすごく心に響いた。


精魂こめて志村が作った曲や歌詞が、いちいちいちいち泣けて泣けてしょうがないんだよ!!まったくー。


でもね、フジファブリックの3人や出演アーティストたちのおかげで、しんみりしたライブではなかったんですょ。

MCで志村との思い出に触れて笑ったり、
志村の作る曲はなんてへんてこりんなんだ、とか言ったりw

結果的に追悼の意が多く入ったライブイベントとなった感じだけれども、本当に素晴らしいひとときだった。


志村の作る曲たちは、情景が浮かんでくるような、日本情緒や季節のものたちを大事にするものが多くて。

志村以外のミュージシャンが歌っても、そのメロディや言葉の美しさは変わらなかった。

本当に本当にとてもおだやかで優しい時間だった。


それと、

ライブ途中、ずっと雲がかかってて隠れていた富士山が、顔を出してくれた。

key.のダイちゃんが教えてくれた。

しかもずっと西の空が明るくて。

20時頃までぼんやり茜色だったんですよ。

水戸じゃ20時なんて真っ暗だもんねぇ。。

たぶん、この上ないほどの美しい空だった、この日は。

最後に、「若者のすべて」にのせて、出演者とフジファブリックメンバーが映った写真とクレジットが両脇のモニターに流れる。

もちろん、そこには志村もちゃんといた。

そぅか。志村の夢は叶ったんだ、と思った。



*20時。

梅雨明けの夏の夜空に、今年1番美しい花火が上がった。



3人になったフジファブリック。

3人で演った新曲「会いに」は、G.総くんがボーカルをとった、POPで楽しげな曲でした。

最後の挨拶で、ダイちゃんが「これからも続けていきます」と言ってくれた。

カトヲさんも総くんもニコニコしていた。


このイベントでひとまわりもふたまわりも大きくなったように見えたフジファブリック。

3人のこれからに期待しています。


茜色に染まる空と富士山と花火とたくさんのミュージシャンによるサイコウのライブ。

私は、この日をぜったい忘れない。

P10207551

週末雨上がって

7/17(土)。

山梨県富士急ハイランドで開催された、フジファブリックpresents 「フジフジ富士Q」へ行ってきました。

P10207471_2

前日「中央道(八王子近辺):午前7時~10時の渋滞予想…40km」という情報をネットで見て、予定より1時間繰り上げて朝4時半に家を出発。

首都高速はすいすい。途中、スカイツリーなんかも見ちゃってヨユーのドライブ♪

しかも見事に梅雨明けして、快晴の気持ちのいい朝。

P10207241

快調でした。八王子までは。

そこからです・・まったく動かなくなり、、

渋滞予想通りの40km渋滞・・・

渋滞がなければ3時間で行ける距離の所、今回は倍の6時間かかった!!

やっぱ三連休だし。みんな出かけるよね、梅雨明けたし。。

+++++++

そんなこんなで。なんとか辿りついた富士Q。

(といってもワタシ、運転してませんが。乗ってるだけでしたが。)

開場までは、フジファブリック展を見に行ったり、富士Q内をうろうろしたり、車内でライブDVD見たり、仮眠とったり。

絶叫マシーンが多くて有名な富士Qだけども、歳をとったからか、どうも乗る気になれず・・
昔は乗れたんだけど。

フジヤマとか、ドドンパとか、ええじゃないかとか、ぜっっったいムリ。。泡吹いて帰ってくるようだと思う。
そーいえばまちゃみのちゃん、高校の卒業旅行で始発鈍行日帰りで遊びに行ったねー!
懐かしいわぁ。


富士Qハイランドは目の前に富士山!というゼイタクなロケーションの遊園地なんだけど、この日は天気もいいというのに雲が富士山にず~~っとかかってて見れなかった。

過去にも数回富士Qに来てるんだけど、やっぱり見られたためしがありません。。
目の前にあるのに!!富士山は気まぐれです。

P10207421  P10207401

フジファブリック展はこじんまりとしたテントの中に、これまでのツアーTシャツや楽器やいろいろ飾ってあって、デビューして5年の歴史を振り返る空間になってました。

そういえば、一眼レフ女子をたくさん見かけたなぁ。

私は重いからコンデジだったんだけど。


グッズの先行販売もやってたけど、2時間待ちの行列ができてたのでやめました。

ディズニーランド並みスね。

+++つづく

2010年7月14日 (水)

いよいよ梅雨明け?

今週末には梅雨明けしそうですね。

Img06411

雨上がりの、灰色の雲の隙間から顔を出した青空がパキーンとしていたきょうの夕方。

夏までもうすぐ!

Img06431

「暑い日が続くので、お身体ご慈愛ください。」

by.カエル。

2010年7月12日 (月)

ちゃりんこちゃりんこ♪

で、そのFumiと、

ひたちなか海浜公園でチャリンコ乗ってきました。

Img061681

久々のママチャリ。

よかった、ちゃんと乗れたよー。

でも昇り坂が厳しかったなー。

Img061721

うす曇だったけど、ムシムシ湿度は200%・・

カラッとした夏、早くこーい。

1ヵ月後にはロックインジャパンフェス!!

芝も青々と元気に生えてました。

Img061751

担当している仕事が7月に入って忙しくなってきた。

先日は日曜日に会議があって、休日出勤。

もしかしたらまた出るようになるかも。

どうかどうか、ロッキンは行けますように!

2010年7月11日 (日)

ステキ女子。

いつもモデルになってくれる、Fumi。

買い物はいつも一緒。

カラオケ女子。

オシャレ女子。

スウィーツ女子。

ワタシより3つも年下なんだけど、いつもグチグチしがちなワタシに的確なアドバイスをくれるしっかり者女子。

 Img061691   Img061631_2

カメラを向けるといっつもいい表情してくれるんだよね~。

この日も何枚も何枚も撮ったね。

「グラビア撮影~」とか笑い転げながら撮ったりして楽しかったー

またたくさん撮らせてねん♪

これからもよろしく。

Img061121

2010年7月 7日 (水)

ほ、ほ、ほ〜たるこい♪

岩間に蛍が見られる場所があるんだって。

「蛍の里」っていう。

そこに行ってきたんですけどね、昼間。

そしたら。

「いのしし注意」

「マムシ注意」

・・・

なんちゅー場所なのよ!的な看板があって。


夜行くのはけっこー危険なんじゃ・・と思ったり。

でも夜だったら、いのししもマムシも寝てるのかな?

Img06161


蛍って小さい頃に一度見たきりなんですよ。

千葉の親戚の家の近くで。


蛍見てみたいな、なんて。

蛍っていつぐらいまで見られるんだろうか。

まだ見られるのかな??

千波湖の近くの公園でも見られるみたいすね。

いのししやマムシが出る岩間より、近くの千波湖かしらね。

Img06251

2010年7月 4日 (日)

2010紫陽花その2。と、花について。

紫陽花ってまるっこくてかわいい。

最近職場に、庭に咲いた紫陽花を切って持って来てくれたひとがいました。

花のある暮らしってステキ。

Img06461

そしたら、今度は別なひとがベランダ庭園で咲いた薔薇の花を切って持ってきてくれました。

うす~~いあわ~~い紫の薔薇。

マメなひとって尊敬しちゃう。

Img06441_6

ウチではすぐ枯らしちゃうから無理無理。

その前にちゃんと咲くかどうかだって・・・アヤシイし。


・・・と思ってたら夫が床屋のおっちゃんから「月下美人」をもらって帰ってきた。

もらった、というか無理やり持たされて帰ってきた。


月下美人て難しいらしいよ~ウチで育てられると思う??

と言ったら、夫が毎日せっせと水をやって可愛がっている。。

先日の夜中の強風で鉢ごとゴロリと倒れてたけど、なんとか今のところ元気。


月下美人て、花が開くのは夜だけ。それもたったの一夜限りなんですって。

見逃しそうじゃん、わたし。

Img06451_3

2010年7月 3日 (土)

2010紫陽花。

今年はまだ紫陽花を撮りに出かけてない・・・!

先週、ふとそんなことを思った。

もこさんやkenさんから、水戸の保和苑の情報をいただくも、、足を運んでいなかった。。


う~んでもやっぱり季節のものは撮りに行っとかな!

と思っていたところ、

さゆりさんから友部の北山公園を紹介してもらう。

で、行ってみた。

Img06211

コチラの北山公園は、ちょこちょこっとしたお散歩がしたいときにチョウドイイ。

そんな感じの公園。

Img06311

こどもたちが池にいるおたまじゃくしやメダカやアメンボを見て、きゃーきゃー喜んでました。

昔はアメンボつかまえたりして遊んだけど、最近は見る機会すらなかったな。

Img06291

池に映った紫陽花。

水鏡の向こう側の世界はどんなん??

Img06281

2010年7月 1日 (木)

フジファブリック。

フジファブリックからお届けモノ。

Img0611 Img0612_2

 

6/30に発売になったFAB BOXです。

ハコをパカッと開けたら、CDやらDVDやらブックレットやらがわんさか出てきて感動。

つづいて同じ日にフジファブリックシングル集とFABBOOKとライブチケットが届いた。

もうね、ひとりフジファブリック祭。

ありがとう。

Img0613

「浮雲」とか「桜並木二つの傘」とか「NAGISAにて」とか「線香花火」とか。

哀愁漂う、素晴らしい曲ばかり。

あーなんか泣けてくるなぁ。

でも一度区切りがついたようなかんじ。

今月末にはNEWアルバム「MUSIC」が発売になります。

新たなスタート、これからもフジファブリックの音楽を期待しています。


7/17は富士急ハイランドにて開催される、フジファブリックのライブイベント「フジフジフジQ」に行ってきまーす。

富士山見えるかな。

雨じゃないといいなぁ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

*当サイトに掲載している写真の無断使用・転載・加工などはご遠慮下さい

*メッセージ等ございましたら、「プロフィール」メールフォームよりお送り下さい

無料ブログはココログ