« 遠く彼方へ | トップページ | 雲が生まれる場所 »

2010年7月19日 (月)

吉田うどん。

お昼は、お約束「吉田うどん」。

飛び込みで入った民家風隠れ家的なうどん屋「入山」さん。

民家風、っていうか、ほんとに民家。

店舗兼住宅とかじゃなくて、どう見てもふつーに住宅。

Img06691

「こんにちはー」と入ってみると、元気のいいおかあさんが、

「いらっしゃい!」と笑顔で出迎えてくれた。


夏休みにおばあちゃんちに来たかのような、そんなお店。

普通に玄関をあがって、廊下を歩いて、仏壇のある畳の間へ通してもらって。

「これからどこへ行くの?」なんておばちゃんと話をして。

もちろんクーラーなんてなし。

窓から涼しい風が入ってきてBGMはセミの声。

それ以外はなにも聴こえない。しずかで心地良い。

Img06711

いただいたのは冷やし吉田うどん350円。

オットはトロタマ(とろろとたまご)吉田うどん450円。

そして、山椒のおにぎり100円。とお漬物。

すべて手作りで、あたたかみのあるおもてなし。

吉田うどんは初めて食べてみたんだけど、すっごいぶっとくてコシがあって、すするというよりは1本1本食べるというかんじ。

水戸の人なら「いずみや」のうどん。と言えば分かるかな。

あれに似てます。


富士の天然水で作ったうどんは、とても純でまじりっけ無し。

おなかも満たされ、お値段設定もとてもリーズナブル。

素晴らしいね、吉田うどん!!

大変美味しゅうございましたー。

« 遠く彼方へ | トップページ | 雲が生まれる場所 »

*当サイトに掲載している写真の無断使用・転載・加工などはご遠慮下さい

*メッセージ等ございましたら、「プロフィール」メールフォームよりお送り下さい

無料ブログはココログ