« 週末雨上がって | トップページ | 自称ヒーロー。 »

2010年7月17日 (土)

響け!世界が揺れる!!

*14時。

ステージのあるサウンドコニファー開場。

冬場はスケートリンクになるそうな。

開演までの間は、フジファブリックオリジナル映像が流れて、待ち時間も苦じゃなかった。

「アド街ック天国」に似せて「フジ街ック天国」と題して富士吉田市の紹介とか。

メンバーによる富士Qアトラクション対決とか。

グッズの紹介とか。


*16時。

いよいよ開演。


ざわついた会場に「大地讃頌」の合唱曲が流れる。

これ、志村の中学時代の頃の合唱コンクールのCDなんだそうな。

中学生の志村少年の歌声が入ってるんだって。へぇ~

その後、

「ペダル」のインストでフジフジ富士Qのスタートが切られる。

「志村の遺志を継げ」

というメッセージがモニターに流れた。



今回のライブイベントは、フジファブリックに縁のあるアーティストがたくさん出て、フジの歌を2曲ずつ唄ってくれる形式となった。


Vo.志村が永い永い旅に出てしまったから、、


+++++++

出演者とセットリストは次のとおり↓


*奥田民生「桜の季節」

*安倍コウセイ「虹」「モノノケハカランダ」

*ハナレグミ「ダンス2000」「ルーティーン」

*クボケンジ(From:メレンゲ)「バウムクーヘン」「赤黄色の金木犀」

*斉藤和義「地平線を越えて」「笑ってサヨナラ」

*ハヤシ(From:POLYSICS)「TAIFU」「B.O.I.P.」

*藤井フミヤ「タイムマシン」「若者のすべて」

*氣志團「ダンス2000」「茜色の夕日」

*和田唱(From:TRICERATOPS)「Strawberry Shortcakes」「陽炎」

*真心ブラザーズ「TEENAGER」

*真心ブラザーズwithスカパラホーンズ「線香花火」

*スカパラホーンズ「Surfer King」

*PUFFY「DOKI DOKI」「Bye Bye」

*片寄明人「花」「サボテンレコード」

*吉井和哉「マリアとアマゾネス」「Anthem」

*くるり「Sunny Morning」「銀河」

en.

*フジファブリック「会いに」(新曲)

*奥田民生「茜色の夕日」


+++++++

P10207371

今回のフジフジ富士Qは・・・

昨年12/24に急逝したフジファブリックのVo.志村正彦氏の夢でもあったライブとなるはずでした。

富士吉田市出身の志村正彦少年(当時15歳)は、このサウンドコニファーで奥田民生氏のライブを見て衝撃を受け、ミュージシャンになることを誓ったという。

憧れのステージで、しかも憧れの奥田民生氏を招いて、自分達主催のライブイベントを開催するという15年越しの夢が叶うはずだった。

なのに。

なんで、ここに本人がいないんだろう。

志村、あんたがいなくてどうすんのー!って言いたくなった。

どうにもならないことなんだけど、悔しくて。


フジファブリックのダイちゃん、カトヲさん、総くんの演奏はいつにも増して感情がむき出しになったかのような、最高の音を出してくれていた。

今回出演してくれたアーティストの皆さんの力強い歌声はすごく心に響いた。


精魂こめて志村が作った曲や歌詞が、いちいちいちいち泣けて泣けてしょうがないんだよ!!まったくー。


でもね、フジファブリックの3人や出演アーティストたちのおかげで、しんみりしたライブではなかったんですょ。

MCで志村との思い出に触れて笑ったり、
志村の作る曲はなんてへんてこりんなんだ、とか言ったりw

結果的に追悼の意が多く入ったライブイベントとなった感じだけれども、本当に素晴らしいひとときだった。


志村の作る曲たちは、情景が浮かんでくるような、日本情緒や季節のものたちを大事にするものが多くて。

志村以外のミュージシャンが歌っても、そのメロディや言葉の美しさは変わらなかった。

本当に本当にとてもおだやかで優しい時間だった。


それと、

ライブ途中、ずっと雲がかかってて隠れていた富士山が、顔を出してくれた。

key.のダイちゃんが教えてくれた。

しかもずっと西の空が明るくて。

20時頃までぼんやり茜色だったんですよ。

水戸じゃ20時なんて真っ暗だもんねぇ。。

たぶん、この上ないほどの美しい空だった、この日は。

最後に、「若者のすべて」にのせて、出演者とフジファブリックメンバーが映った写真とクレジットが両脇のモニターに流れる。

もちろん、そこには志村もちゃんといた。

そぅか。志村の夢は叶ったんだ、と思った。



*20時。

梅雨明けの夏の夜空に、今年1番美しい花火が上がった。



3人になったフジファブリック。

3人で演った新曲「会いに」は、G.総くんがボーカルをとった、POPで楽しげな曲でした。

最後の挨拶で、ダイちゃんが「これからも続けていきます」と言ってくれた。

カトヲさんも総くんもニコニコしていた。


このイベントでひとまわりもふたまわりも大きくなったように見えたフジファブリック。

3人のこれからに期待しています。


茜色に染まる空と富士山と花火とたくさんのミュージシャンによるサイコウのライブ。

私は、この日をぜったい忘れない。

P10207551

« 週末雨上がって | トップページ | 自称ヒーロー。 »

*当サイトに掲載している写真の無断使用・転載・加工などはご遠慮下さい

*メッセージ等ございましたら、「プロフィール」メールフォームよりお送り下さい

無料ブログはココログ