« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

水色の街。

2月。

冬。

雨上がりの夕方。

ブルー。


Img0054261 


1年でいちばん短い2月が終わる。 

2011年2月26日 (土)

月に願いを。

2/18は、とても綺麗な満月でした。

いつもの満月より、ひときわ明るくて大きかった。

仕事の帰りに車の中から見て、うゎー。って思ったんだ。

Img0053911_2

ワタシが尊敬している女性が、

今日の満月は、太陽系の星たちと良い角度をとっていて、パワーがすごいんですって。

お願い事をするといいんですって。

と、教えてくれました。

ステキなことを教えてくれてありがとう。

写真に残したくなって、ベランダから身を乗り出して撮った満月。

夜の闇に煌々と輝いているその姿はとても神秘的でした。

2011年2月23日 (水)

おそろい。

もこさんとおそろいで買った、

L'OCCITANEのハンドクリーム。

Img0053941_2

桜の香りがするこのハンドクリームは、

仕事中のちょっとした癒し。

2011年2月22日 (火)

電車に乗ることが少なくなった。

昔は、通勤に約1時間かけて電車で通っていたのだけれども。

Img0054161

ゴトゴトいう電車の音や、

出発のベル、

ざわついた駅構内が、なんだか懐かしく思えた。

Img0054251

電車の旅がしたくなった。

2011年2月20日 (日)

らっしゅあわー。

夕方5時すぎの駅は、急ぎ足のひとたちでいっぱい。

どこかざわざわしてる。

Img0054151

はやくおうちに帰ろう。

2011年2月19日 (土)

鉄子・・?

CP+の帰りのこと。

+++++++

特急フレッシュひたちの到着を待つ上野駅で、札幌行きの寝台列車「北斗星」を見つけました。

「北斗星」は一度乗ってみたいんだよなぁ。。

撮り鉄さんがいっぱい居る中、そこに混じって撮らせてもらいました。
(注:ワタシは鉄子ではありません;)

もこさんに荷物を持たせてw

Img0054171

フレッシュひたちを見送るもこさん。

「さようならぁー。達者でなー手(パー)

Img0054241

「見送り」と見せかけて、実はこのフレッシュひたちに乗ります(^^;


帰りの電車内は、もこさんとお弁当食べながらいっぱい話をしました。
 
今年も写真撮るぞー!な感じでよろしくぴかぴか(新しい)

2011年2月15日 (火)

冬の海

砂浜を歩く、おんなのこ。

Img0053961_3

ましかく しゃしん。

2011年2月14日 (月)

冬の海の過ごし方

『きりんと釣りびと』

Img0053971

冬の海で、釣りをしているひとはわりと多い。

むかしは、近所の池でブラックバス釣ったりしてたけど。

その辺のみみずつかまえて、エサにして。

いまは、とてもじゃないけど、そんなことできない・・・(゚ー゚

2011年2月13日 (日)

波打ち際にて。

広がる空と、水色の海と、砂浜と。

Img0054041

ざざーん。

さらさらさらさら・・

Img0054051

冬の海って言うと、

日本海側の荒れた海、それこそ演歌みたいな、

「津軽海峡冬景色」な海を想像しちゃうけど、

西高東低で晴天続きの 太平洋側の海は、冬でもわりとおだやか。

アスペクト比1:1のましかく写真。

Img00540811_2

海は、

やっぱりましかくより、

広がりがあったほうがいいんだろうか。

2011年2月12日 (土)

CP+2011

2/9~ 2/12の4日間、パシフィコ横浜にて写真と映像のイベント「CP+」が開催されました。 

ワタシは2/12(土)に、もこさんと一緒に行く予定でいました。 

が、しかし。 

申し込んでいたキャノンの写真講座にハズれ(ぶーぶー。)、しかも当日は関東平野部でも20センチの積雪が…なんてニュースで言ってるじゃないですか… 

まず雪に弱い常磐線は動かないだろうし、、

もこさんと相談した結果、泣く泣く今回は諦めようということに。 

が、しかし! 

当日朝になっても雪は大したことがなく…電車も通常通り動いている! 

えーーー!ですよ。 

ならば、、行っちゃう?!ってなるわけですよ。 

もこさんと特急電車内で待ち合わせをして、無事合流。

いざ、横浜へー→ 

+++++++

鉄子なもこさんのナイスな先導のおかげで、複雑な都会の乗り換えもすいすいと。
 
ワタシひとりだったら、上の案内板ばっかり見てるよきっと。 

みなとみらいに着いたのが12時過ぎ。
 
Img0053911
訪れるのは今回で二回目。
去年はまーしゃからこのイベントを教えてもらったんだった。
1年ぶりの会場に入るとカメラメーカー、カメラアクセサリー、カメラ、カメラ、カメラに関する会社がズラリと並び、 高級そうなレンズを持ったおじさまカメラマンがわんさか。 
去年と同じ光景が飛び込んできた。 
会場入りの瞬間には毎度圧倒されます(^-^;

+++++++

入ってすぐタムロンブースで、写真家の森由梨香さん、広田泉さん、矢野直美さんのトークショーに遭遇。
 
それぞれの写真家さんたちの写真を交えてのトークショー。
可愛らしいお姿からはイメージできない森さんの男前な貨物列車の写真、
広田さんのもみじを前ぼけに取り入れたSL写真、
矢野さんの雪が降りしきる中の駅舎写真がとても印象的で、
その写真を撮った時のエピソードや撮り方のコツなどを聴くことができました。電車と背景のバランスが素晴らしいんですよ  


+++++++

つづいて、ニコンブースではこちらも鉄道写真家、レイルマン中井の「一日一鉄」ブログでお馴染みの中井精也さんのトークショーが。

あいにくトークショー終盤に通りかかったためちょこっとの時間でしたが、
中井さんが電車内で出会ったひとたちを撮った写真を、ムービーで流すというものを見ることができまして。
 
写真に写っているひとたちはホントみんなイイ笑顔なんです。 
鉄道写真はもちろんのこと、ひとを撮るときのこの写し方がステキで、大変勉強になりました。 

+++++++

ラストは、キャノンブースにてお待ちかね梅佳代さんのトークショー! 
この日の一番の目的は梅佳代さんでした。
『男子』『じいちゃんさま』『うめめ』『うめップ』といった写真集で有名な若手女性カメラマンです。

写真集に掲載されてる写真の裏話や、初公開の写真などを見ながらの和気あいあいとしたトークショー。
質問コーナーもあったりのあっという間の1時間。


梅佳代さんの周りにはおもしろいもの、ひとがいっぱい溢れていて、思わず笑っちゃう写真ばかり。
 
写真から声が聞こえてきそう、と司会の方が言っていたけどまさにそんな感じ!

トークショーを聴いてる皆も笑顔笑顔で本当に楽しかったー。 
写真に対するこだわりは?の問いかけに、「無いんです」って言い切るとことかカッコいいなぁ。
 
そぅだね、楽しんでやることがイチバンだよね。
あれこれ考えるのはナシナシ。


+++++++

Img005392

トークショーのほかには、新作カメラや超望遠ズームレンズを触ってきたり。 
Canon EOS Kiss X50は軽かった!
バズーカみたいなレンズ、初めて触った!

ニコンブースに展示されてる、カメラ女子なお友達tomo.さんの写真を見たり。 
お子さんを撮る視点がすごくやさしくて、やわらかい写真で。
あたたかな気持ちになりました。 

御苗場のたくさんの方々の写真を見ていたら、斬新な視点とか、構図の意外な切り取り方、光の扱い方に感銘を受け、すごく勉強になりました。 

キャノン写真講座ハズれたけど、有意義に会場をまわることができて、それ以上に収穫があった1日でした。 

行って良かった。。 

写真て、やっぱり奧が深いよなぁ。

Img0054091

2011年2月11日 (金)

貸切の海

冬の海を見に来るひとは、案外多い。

でもそのほとんどが砂浜駐車場に車を停めて車の中から海を眺めてるパターン。

だから、そんなとき砂浜へ飛び出せば、そこは自分たちだけの貸切の海になる。

Img0053962

砂浜をちいさなオトコのコが、だーっと走っていって、

おとうさんが「つかまえたー!」ってやってるところ。

あったかい光景だなー。と思った瞬間。

2011年2月10日 (木)

黄昏時。

雲があるとなお、ドラマチック。

Img0054071

この街はイチョウが市の樹に指定されています。

よく見ると、街灯のてっぺんにイチョウの葉のモチーフ。

2011年2月 7日 (月)

冬の早朝。

きーんと張り詰めた空気の中、

きらきらとした朝日が部屋の中へ差し込む。

Img0053921_5

部屋の中と外の温度差が激しいことは、

窓のぽつぽつを見れば一目瞭然。

寒いのがダメだから冬の朝はほんとニガテなんだけど、

ふとんを出てから1番シャキッとするのは、この季節なんだよね。

Img0053911

さて、きょうも1日がはじまる。

毎日生まれる新しい朝に、挨拶をして出かけよう。

いってきます。

Img0053931

2011年2月 6日 (日)

センチメンタルを乗せて、ハート行きの汽車が出ます。

水戸ライトハウスでの、

GOING UNDER GROUND 10th Anniversary Tour 「Rollin'Rollin'」に、オット+友人3名とで行ってきました。

激アツ!でした。今まで行ったゴーイングのライブで1番楽しかったかも。

殿コールがあったり、素生軍団とか。

今回は関東を中心にゴーイングの過去のアルバムを引っさげて周るツアー。

各県ごとにライブで演奏する曲目が毎回違います。

初日は、千葉にてインディーズ時代のアルバムからのライブ。

水戸は、1stアルバム『かよわきエナジー』

栃木は、2ndアルバム『ホーム』

神奈川は、3rdアルバム『ハートビート』

群馬は、4thアルバム『h.o.p.s.』

・・・といった具合です。

『かよわきエナジー』は、ゴーイングの中で1番好きなアルバム。

それを水戸でやってくれるっていうのがホント嬉しかったです。


今回のセルフトリビュートライブ、何が良いって、原盤とほぼ同じだったこと。

キーボードのよういっさんが抜けて、新生ゴーイングってことでいろいろアレンジされちゃうのかなぁと思っていたけど、、

昔のまんまでした。

「凛」とか「アロー」とか、「ボーイズライフ」とか「グラフティ」とか、すごい好きな曲ばかり。


最後の「521」→「俺たちの旅」→素生さんのMC→「さよならハックルベリー」の流れは、ウルッときました。

あの日の野音を知っているひとならみんなそうだったんじゃないかな。

【セットリスト】

1  グラフティー
2  凛
3  太陽の季節
4  雨の樹
5  カール
6  ボンベルタ
7  名もなき夢 ~煩悩青年とワーキング・ママ~
8  シーン2
9  かよわきエナジー
10 詩人にラブソングを
11 ジョニーさん
12 センチメント・エキスプレス
13 ボーイズライフ
14 ショートバケイション
15 RAW LIFE
16 LISTEN TO THE STEREO!!
17 521
18 LONG WAY TO GO

en.
1   アロー
2   俺たちの旅
3   さよなら僕のハックルベリー

+++++++

春にリリースになるニューアルバム『稲川くん』。

タイトルに衝撃を受けたけど(^^;、ライブで聴いたところ、中身はすごく良さそうです。

胸キュン度満載な予感。


ゴーイングの音はシンプル。

ごちゃごちゃしていないその音からは伝えたいことがまっすぐ伝わってくるんです。

10年経ってもゴーイングは良い意味で変わらない。

良い意味で青臭さ全開。

ゴーイングの曲たちは10年経っても20年経っても色褪せることが無いと思う。


ゴーイングの曲はこちらのマイスペースで聴けます。

最新シングル「LONG WAY TO GO」はメンバーの中学時代~の映像もあって 必見必聴です♪

なんか結婚披露宴で流すみたいなつくりになってるのが気になるけどw

幼馴染の少年達の仲の良さとか、、ゴーイングには深い深い絆があるんだなぁって思わせるような内容に涙がほろり。



http://jp.myspace.com/goingundergroundgoing

+++++++

そして、もうひとつ素晴らしいのがこのGOING UNDER GROUNDトリビュートライブ。

なんとユーストリームにて18:00~生中継されているんです♪

今後開催される2/19(土)横浜、2/26(土)高崎のライブは、会場のネット配信状況が良ければ 生中継されます。

興味のある方はぜひどうぞー。

お茶の間にいながらライブが見られる時代に感謝。

ゴーイングのユーストリームはこちらから↓

*ライブビデオは、各日2/19、2/26の18時を過ぎないと見ることが出来ません。


Video chat rooms at Ustream

2011年2月 3日 (木)

ペダル。

上空に線を描いた飛行機雲が

僕が向かう方向と垂直になった

だんだんと線がかすんで曲線になった

Img0054051

五線譜みたいな電線。

と飛行機。

+++++++

ちょっと いいことがありました。

1/20発売の女性向けカメラ雑誌『女子カメラ』。

その『女子カメラ』の投稿写真コーナー「春しゃしん」に、小さくですが、私の写真を掲載していただけました。

いいしゃしん。かと言われるとびみょーなんですけど、、載せてもらえたことがとても嬉しかったです。

その場の空気感や雰囲気が伝わるような写真が撮れるよう、

もっともっとカメラに慣れ親しんでこれからも楽しく撮っていきたいと思います。

『女子カメラ』は本屋さんの「趣味」コーナーにおいてあると思います。

機会がありましたら、手にとってみてください♪


「32歳のくせに”女子”ってどぅよ?!」

というツッコミはどうぞ、心の中でお願いいたします(笑


+++++++

平凡な日々にもちょっと好感を持って

毎回の景色にだって 愛着が湧いた

Img0053991

なんでもない日常に彩りを加えてくれたmyカメラ。

いろんな撮り方を楽しめて、使いやすくて。

飽きっぽいワタシが思いのほかハマッてます。

なかなか上達しないし、ツッコミどころ満載な写真ばかりだけど、
いつも見に来てくださるみなさんには、心からのありがとうをクローバー

『ペダル』lyrics by.志村正彦

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

*当サイトに掲載している写真の無断使用・転載・加工などはご遠慮下さい

*メッセージ等ございましたら、「プロフィール」メールフォームよりお送り下さい

無料ブログはココログ